理解する力

大切な家族が家出をした時に、
警察や探偵事務所に家出人捜索の依頼をするのは当然の事です。

しかし、そもそもなぜ家族が家出という行動を取ったのか、
その理由を知っていますか?

家出をした原因が分かれば、
居場所を探す時の参考にもなると思います。

家出をする理由は数多くあります。

例えば、未成年の場合は
自分の悩みを誰かに知って欲しいという心理が関わってきます。

心理学には、反動形式という言葉があります。

日常生活の中で、抑圧されたような日々を送っている人が、
ある日突然その反動から家を飛び出してしまうというパターンです。

このケースの場合、居場所は意外と近くかもしれません。

友人や知人の家で寝泊まりをして、
短期間だけ家出をしようと思っている人が多いです。

自分がどれだけ悩んでいるのかという事を、
両親や教師といった身近な人物に知って欲しいという思いや、
自分の意見が通らなかった時の苛立ちから起こした行動なのです。

しかし、この場合は見付ける事は、案外容易いという場合が多いです。

日常生活の全てを放棄したいという心理から家出をするというケースは、
捜索がかなり難しいかもしれません。

この心理に陥る人の多くは、
育児ノイローゼに悩む主婦だったり、
会社でのトラブルなどを抱えたサラリーマンに多いです。

日々のストレスに耐えられず、
今すぐこの場から逃げ出したくなってしまうのです。

このケースがなぜ難しいかというと、
家出をした本人は決して見付かりたくはないのです。

こういう人が、知人や友人の家を逃げ場所にするというのはまずあり得ません。

自分の痕跡を消す為に、
携帯電話やクレジットカードといった、
自分に関係する物は全て置いて出ている可能性も高いのです。

この場合は、自ら探す事は早々に諦めて、
専門家である警察や探偵事務所に任せる方が早く見付かる可能性があります。

自分の存在を確かめたいという心理から家出をするケースもあります。

家族や友人達の中で孤独を感じた人が、
自分の存在価値を見いだせなかった時に、
発作的に家を飛び出してしまうというケースです。

このケースの場合は探してもらうという事が前提です。

日頃の言動や、
何かしらのヒントが隠されているはずです。

警察や探偵事務所に届けを出す前に、
家出をするサインがなかったか、
どこかに居場所に繋がるヒントがないかを調べておく事も大切な事です。

誰とも関わりたくないという心理から家出をするというケースは、
一番気を付けなければいけないパターンです。

なぜならば、
誰とも関わりたくない心理に追い込まれている人は、
鬱病などの精神疾患を抱えている可能性がとても高いのです。

人は、あらゆる事がストレスになります。
それが、例え幸せな家庭の中にあっても、
ストレスは些細な事で感じるのです。

幸せな結婚をしても、
配偶者の親族や友人との関係に悩んだり、
親しい友人同士でカラオケや旅行に行っても、
些細な人間関係のすれ違いからストレスを感じる人がいるのです。

しかし、一人になりたいと願っても、
なかなかそうは出来ないというのが当然です。

あまりにも大きなストレスを抱えて家出をした場合は、
最悪の事態に発展するケースだって少なくはないのです。

家族は出来るだけ早く捜索願いを出し、
探偵事務所への依頼も事の重大さを説明する事が大切です。

長らく落ち込んでいた人が、
急に外出して帰ってこなかったなら、
かなり急いだ方が良いでしょう。

家出と一言で言っても、
その原因は千差万別です。

短期間の物もあれば、
何十年という長期間の家出もあります。

家族はなぜ家出という事態に発展してしまったのかを
考える必要性があります。

いかに警察に行方不明者の届けを出しても、
いかに優秀な探偵事務所に家出人の捜索を依頼しても、

なぜ家出したのかという理由に気が付かなければ
、同じ事の繰り返しなのです。

捜索の結果。
家出した家族を無事に発見し、
保護した時には、
家出をした理由と向き合う必要があります。

警察も、探偵事務所もそこまでは関与してくれないのです。

心理カウンセラーや精神科の医師に相談して、

根本的な解決を目指す事をおすすめします。

家族の悩みを理解する力というのは、
かなり重要な事だと思います。

しかし、家族を本当の意味で理解する事が出来るのも、
また家族しかいないのです。

家出をした本人だって、
短期間で戻るつもりが戻れなかったり、
犯罪に巻き込まれてしまったが為に戻れない人だっているのです。
家出人を捜索するだけで、
全てが解決出来る訳ではないのです。

最近では、SNSを使って家出人を捜索するという人もいますが。
この方法はよく考えて行わなければなりません。

一見、見付かる確率が多いと思われますが、
不特定多数の人に家出人の情報を流しているようなものなのです。

家出人の安全を考えて、
出来るだけ慎重に行動する事がとても大切です。

警察や探偵事務所など、
専門機関に相談して、
家出人を安全に保護出来るように心掛けましょう。