行方不明者・家出人がいるので、
探偵調査を依頼したいと検討をしている方!

家出をしている家族がいる場合、
また高校生や子供などの家族がいなくなってしまった場合、
捜索願を出す必要があります。

しかし、捜索願を出したとしても、
警察は、なかなか調査に踏み切ってくれないことが多いと言われています。

警察は事件性がなければ、取り扱ってくれないケースも多く、
結局あてにならなこともあります。

音信不通で帰宅しない場合にも、
期間がそれほど経っていなければ、
様子を見てくださいと、捜査をしてくれない可能性もあり、
そうなると、自分たちで探すしか方法がなくなってしまいます。

捜査をする場合には事件性がなければ、
大がかりな捜査もしてもらうことができません。

一定期間経過すれば、捜査も打ち切りのケースもあります。

しかし、探偵に依頼をした場合には、
警察の捜査とは全く異なります。

探偵の場合には、
このように家出の場合だったり、
大人の書き置きを残して帰宅しないというケース、
色んなケースでも相談をすることが出来ます。

場合によっては、連絡をしてこないだけで、
全く事件性がないという場合にも、
調査を依頼する事が出来ます。

探偵事務所によっては、
相談を無料で行っているところもありますので、
まずは事情などを相談する形でも問題はありません。

しかし、行方不明者・家出人の探偵相談といっても、
どの探偵事務所でも良いというわけではありません。

中には悪徳な探偵事務所もいますし、
家出人や、行方不明者の調査というのは難しい部類に入ります。

このため、行方不明者、家出人の調査の実績がある探偵事務所を選ぶ必要があります。

家出人・失踪人捜索を得意としているのはもちろん、
全国対応をしている探偵事務所に依頼をするようにしましょう。

そうすることによって、結果が出る可能性が高くなります。

探偵の捜索方法ですが、
さまざまなネットワークを駆使して調査をすることが多いです。

たとえば、地元のお店だったり、
地元の企業などのネットワークを駆使して聞き込み調査をすることもあります。

このため、地元の探偵事務所などを選ぶ事によって、
それだけ調査がスムーズに進む場合も多くなります。

もちろん、調査に関しては探偵よりも警察の方が優れているといえるでしょう。

日本の警察の調査力というのは優れており、
あらゆる機関から情報提供をしてもらうことが出来ます。

警察が本気で捜査をした場合には、
探偵は足元に及ばないというぐらい、その力はあります。

また、個人情報などの観点から、
民間企業には太刀打ちできないという部分があります。

警察が動いてくれれば解決するというのは早いですが、
警察に捜索願が出されているのは全国で「10万人以上」といわれています。

このため、警察が本気になるのは事件になってしまってからという現実があります。

家族としては事件や事故に巻き込まれてしまわないようにと思うのですが、
事が起こってからしか警察は動いてくれませんので、
遅れてしまえば大変なことになってしまいます。

また、未成年の場合、高校生の場合なども、
自分の意思で家出をしたという場合には、
警察は民事不介入という形になりますので、
協力をしてくれないことがほとんどとなります。

しかし、探偵はこういった民事問題なども解決をすることが出来るプロとなっています。
警察のように、捜査に対する取り決めなども厳しくありませんし、
ある程度自由に動くことが出来るというメリットもあります。

こういった理由から、
行方不明者、家出人がいるという場合には、
探偵にまずは依頼をしてみる方法もあります

実は家出人の発見を早めるためには、
初動調査にかかっているといわれています。

いなくなってしまってから、
大体1週間以内に調査を依頼する事によって、
発見率なども高く、
早く見つかる可能性もそれだけ高くなるといわれています。

あてがないという場合にも、
初動が早ければそれだけ発見できる可能性が高くなりますので、

警察が動いてくれなさそうな場合には、
探偵に相談をすることがおすすめです。

これが、中期段階、後期段階になってしまうことで、
行方不明者の足取りを掴むことが大変になってしまいます。

見つかる可能性が低くなるのと同時に、
それだけ調査にもお金がかかってしまうことになります。

このため、早めに対処をするように心がけましょう。

長期化すればするほど、見つかりにくくなりますので、
早めの対応が鍵となるのです。
さらに、最近では、プチ家出のようなものもあり、
簡単に家出しやすい環境が整っているといえるでしょう。

子供などの家でのきっかけとして、
軽い気持ちから家出をするというケースもあります。

しかし、プチ家出という場合でも、
さまざまな犯罪などに巻き込まれてしまうケースなども増えていますので、
注意が必要です。