家出人の家出調査は家出した家族や子供をできるだけは早く探し出し
事件や予期せぬ事件に巻き込まれないように探偵調査などで探し出す調査です
探偵や興信所の費用…着手金も気になりますが、一番ポイントととなるのは失踪者である行方不明者を捜索する難易度と成功する確率なのです
探偵事務所に行方不明の所在情報の相談をして契約しても
会社プランの情報量が満足いく報告書作成費と言える価値があるかということが大事です
失踪先の情報量が希薄なプラン内容を提示されても着手金さえ支払う気が起こらないといえます
行方不明者・失踪者の捜査難易度と成功費用と着手金が一致している報告内容が期待できる契約なら
税込み費用が相場に近いのです!

プチ家出の娘が何日も帰らない!学校や友達に配慮して連れ戻したい

理由もなしに家からいなくなる娘さんを探すには、できるだけ早く探偵事務所にご相談ください!

ハライチは調査実績35年の探偵事務所。24時間365日相談無料! TBS「徳光和夫の感動再会、逢いたい」の制作協力などでおなじみ!関東を中心に、プチ家出や連れ戻したい、浮気調査、家出調査など各種調査に定評!
家出人見つけ出し発見調査!探偵料金

全国の優良な探偵社を選んで調査等全てに対応可能

・/探偵に依頼!

貴方に合った探偵社を無料で紹介

,
家出人見つけ出し発見調査!探偵料金

家出人を捜すならば、専門家への相談を

突然、たいせつな人がいなくなったらどうしますか?

唐突な質問で申し訳ございません。
しかし、実際に直面している人にとりましては、大変な問題ですね。

このような状況に直面した場合には、どのような方法をとればよいのでしょうか?

考えられる方法を列記してみましょう。

・まず携帯電話を鳴らしてみる。
・立ち寄りそうな場所を探してみる。
・友人や交友関係をあたってみる。

これらを個人的におこなったとしても、効果的であるとは言えません。

そして、時間が経過してから警察に家出人の「捜索願」を提出することに。
しかし、警察は多くの「捜索願」を抱えていますから、結果をすぐに出してくれるとは限りません。

もちろん、「重大な犯罪」に巻き込まれた可能性が有る場合には、話は別となるのですが、一般論として考えると、早期の解決を望めないのが事実となるのです。

ちなみに、警察へ「行方不明者の捜索願」を提出する場合に、必要とされる情報を列記しますね。

・不明者本人の写真(なるべく最近のもの)
・氏名
・住所、職業、生年月日
・身長、体重
・血液の型
・失踪時の状況(所持品、服装)
・思い当たる失踪理由

これらをまとめておくと便利です。

つぎに考えたいのは初動に対する日数。
失踪に気が付いてから、効果的な行動をおこすまでの日数ですね。

一般的には、一週間以内に「効果的な手をうつべき」とされています。
これを経過してしまうと、発見できる可能性が急激にダウンするのです。

つづいて、「家出人」の探し方をレクチャーしますね。

「家出人」「行方不明者」が未成年であった場合。
まず、動機を考えてみましょう。

さまざまな専門家より指摘されている動機としては、家庭や学校で「トラブル」を抱えてしまったことです。

「家庭内暴力」「学校でのイジメ」などが代表的なものですね。

これ以外の理由としては、「友人と自由に遊んでいたい」などのものがあります。
また、「恋愛」が理由となっているものもあり、「女の子」の場合には「妊娠」がキッカケの場合が報告されています。

そこで、未成年者が失踪した場合に、「行き先」を想像してみましょう。
イメージが湧きませんか?

マンガ喫茶などの「ネットカフェ」は早期の段階で発見確率の高い場所。
さらに早い段階であれば、近所の公園なども可能性が大きいのです。

また、ゲームセンターも確率の高い場所であり、気持ちを紛らわそう(まぎらわそう)としているかも知れません。

発見した際には、なるべく本人の気持ちに寄り添うことが大切ですね。

それから、「交友関係」も重要な情報源。
「お友達」に情報提供をお願いすることが重要です。

「口止め」されている可能性もありますから、慎重に接しなければなりません。
「怒り口調」で質問をしても、「有効な情報」を得ることはおそらく難しいでしょう。

しかし、これらをあたってみても時間だけが過ぎてしまう……。
そこで、早期に「警察への相談」ということになりますね。

ところで、「警察への捜索願」はあてになるのでしょうか?

実は、失踪に対しての「事件性」が薄い場合には、公開捜査や鑑識捜査などをおこなってくれることは極めて「まれ」なのです。

家族としては、一刻も早い解決を望んでいるのですが、「具体的な捜査」をおこなってもらえないとしたら……。

「あせり」「あきらめ」が交錯しますよね。

それから、成人における「失踪」を考えてみましょう。

この場合に考えられる理由を列記しますね。

・仕事上のトラブル
・金銭トラブル
・不倫や浮気などの恋愛トラブル
・事故や事件などのトラブル

これらが代表的です。

未成年者と同じく、初動までの日数が大切。
しかし、大人が失踪する場合には、「それなりの理由」を抱えていることが多く、簡単には発見に至りません。

関係先を当たることで、「失踪理由」を探ることが重要ですね。
何らかのトラブルに巻き込まれている可能性が大きいですから、原因を探りましょう。

ここまで読み進めてお気付きだと思いますが、自力でおこなえる捜索範囲は狭いものです。
しかも、「警察」が万能ではないことも理解できるでしょう。

なんとか効果的な方法はないものでしょうか?

じつは、方法があるのです!

それは、「家出人捜索専門」の「探偵事務所」を利用する方法。
こうした「探偵事務所」は「依頼人を最優先」しますから、発見に至る可能性が極めて高くなりますよ。

しかも、捜索手法は「プロの手」によるものですから、「スマート」かつ「秘密厳守」でおこなわれます。

状況によっては「警察犬」を利用した捜索もおこないますので、「探偵事務所」とはいえ警察並みの効果を期待できますね。

ここで「探偵事務所」利用に対する費用面を考えてみましょう。

一般的には「時間料金制」と「パック料金制」があり、有利な料金制を選択することになりますね。

また、「成功報酬制」となっているものもあるのですが、「着手金」と「成功条件」を明確にしておかなければなりません。

上手に活用すれば、想像以上に「安価」となるものですよ。

いずれにしても、「行方不明者」の情報を可能な限り多く提供することが大切です。
また、「失踪」に気が付いたら、できるだけ早く行動しなければなりません。

総合的に考えれば、「探偵事務所への依頼」が力強い味方になってくれる「ベストな選択」となりそうです。

普段から、「探偵事務所」に関しての情報を収集しておきましょう!