大切な家族の探偵人探し所在調査で行方不明者を無事に探しましょう!
早く家出調査の探偵人探しの捜索方法で早期の解決しないと危険度が増えるばかりです!
思い切って探偵人探し行方不明者や家出調査の捜索探し方で家出・失踪者を早く見つけましょう!

家出人・失踪人調査「原一探偵事務所」にお任せください。
有力な探偵事務所に依頼の調査費用・調査料金は、発見の可能性が高確率の実績がある捜索活動なら十分価値があります
調査員の調査方法だけを見ても可能性が高いといえるのです
依頼者の意見を調べても音信不通の状態で連絡できないケースでも
捜査願いや携帯番号・過去の連絡場所記録など
総合的に情報社会の特徴からプチ家出か?
事件の可能性か?
調査方法・捜索レベルから可能性の相談もできる余裕が見込める事務所がおすすめです!

探偵事務所は全国各地にいろんなタイプの事務所があります!

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/

「家出人」を本気で捜索したいなら……。

とつぜん大切な人がいなくなったら、慌ててしまいますよね。

具体的にどのような行動をとればよいのでしょうか?
あなたなら、適切に動けますか?

「家出人」「行方不明者」を捜索するためには、その理由を探ることが大切です。
その場合に、「家出人の年齢」が重要となります。

「えっ、なぜ年齢が関係するのですか?」。
不思議に思うかもしれませんね。

じつは、「子供・未成年者」と「大人・成人」では「失踪の理由」に違いがあるのです!

この部分を理解しなければ、「家出人の発見」は難しいでしょう。
心理面を十分に観察しなければいけませんよ。

まず「子供・未成年者」における「家出」を考えてみましょう。

その理由として考えられるのは、「家庭内のトラブル」が大きいとされています。
「家庭内暴力」は最大の理由ではないでしょうか?

思い当たるようなことはありませんか?

失踪者が学生であれば、「学校内のトラブル」による可能性が高くなりますね。
最近では「イジメ」による問題が各地で提起されています。

クラブ活動にも目を向けましょう。
顧問の先生から暴力を受けていて、親にも相談ができない……。
このような状況から「逃げ出している」のかもしれません。

いずれにしても、「子供・未成年者」が失踪した場合には、早期発見の可能性が高いとされています。

ただし、初動期間が重要。
一週間以上経過すると、発見率が急激に下がります。

「子供・未成年者」からすれば、一週間以上放置されていると感じてしまうと、ますます家庭に戻れないもの。

手を差し伸べてもらうのを待っているのかも知れません。
もし、「子供・未成年者」が携帯電話を所持しているならば、なるべく早急に連絡をとりましょう。

もちろん、直ぐに応答があるとは限りません。
しかし、連絡をとっていることが重要なのです。
お分かりですね?

また、「交友関係」を探ることも大切。
「学校でのイジメ」が疑わしい場合には、それなりの「所轄部門(しょかつぶもん)」へ「失踪の事実」を連絡することが効果的ですよ。

つぎに、「大人・成人」の失踪について考えてみましょう。

「大人・成人」が失踪した場合も理由を探ることが大切です。
ただし、「子供・未成年者の失踪」と事情の違いが報告されています。

「それなりの事情」を抱えていることが多く、発見することが難しいのです。
理由を列記してみましょう。

・仕事上のトラブル
・金銭面のトラブル
・浮気や不倫などのトラブル
・災害や事故によるトラブル

これらが原因で「失踪状態」となっているのです。

トラブルの解決が重要ではあるのですが、まず発見に努めなければなりません。
発見が遅れると、重大な結末を迎えてしまうかもしれないからです。

では、「家出人・行方不明者」を捜索するには、どのようにすればよいのでしょうか?
頭に浮かぶのは「警察」ですね。

確かに「警察」への「捜索願」が有効な方法となります。
しかし、本当に効果的な方法といえるのでしょうか?

実際には、「家出人の捜索願」に対して、速やかに「警察」が捜索をおこなうことはありません。

膨大な「捜索願」の案件に対して、「警察」は対応できないのです。
「事件性」や「人命」をポイントとして判断されます。

具体的には「特異行方不明者」として判断されなければ、「警察」が本格的な捜索をおこなうことはありません。

もし、「事件性」が判断される場合であれば、「公開捜査」や「鑑識捜査」をおこなってもらえますから、「発見」につながる可能性は高まるでしょう。

いかがでしょうか?
理解できましたか?

「事件性をすぐには証明できませんよ!」。
このように感じる人が多いでしょう。

すぐに有効な策を講じたいのに、「警察」があてにならないとしたら……。
本当に困ってしまいますね。

そこで、オススメしたい方法があるのです。
それは、探偵などの「興信所」を利用する方法。

特に「行方不明者捜索」を専門とする「探偵事務所」を利用すれば、かなり解決に近づけるはずです。

こうした「探偵事務所」では「依頼人を優先」して捜索をおこないますから、完璧な「初動捜索」をおこなってもらえますよ。

具体的には、「関係先への聞き込み」や「現場への急行」であり、プロがおこないますから、成功確率が極めて高くなります。

また、「秘密厳守」で「捜索」をおこないますから、「ナイーブな問題」も安心ですね。
さらに「大人・成人」に対しての「捜索」も、さまざまな専門機器などを駆使しておこないます。

場合によっては「警察犬」を「捜索」に導入する場合が報告されているのです!
すべてではありませんが、「探偵事務所」が「警察犬の育成」をおこなっており、「依頼人のオーダー」によって「警察犬」を出動させます。

「警察」では「重大事件」でもないかぎり、「家出人捜索」に「警察犬」を出動させることはありません。

「捜索に対する本気度」は歴然の差がありますね。

最後に「探偵事務所」を利用した際の料金を考えてみましょう。

明確ではありませんが、大体(50万~70万円)ぐらいが相場とされています。
さまざまな料金プランが設定されていますから、上手に活用したいものですね。

行方不明

連絡だ途絶える事は通常ではありません

とにかく一刻も早く探してあげましょう

行方不明・所在不明・失踪・家出
大切な子供の家出も多くなっています
妻や夫を探したい
大切な家族が…・失踪したのかもしれない?

行方不明の背景にある深刻なトラブルを解決してあげましょう

相当な慎重な調査をする必要があるケースが多いのが実情です

一番大切なことは、行方不明の方だけでなく

依頼者の気持ちにも十分配慮してくれる探偵事務所に依頼する必要があります

親戚や血縁者の所在調査も可能です